訪問フットケアの施術

  1. 保護中: 【施術】爪の変形

    単純に肥厚しているだけでなく、爪が斜めや真横、あるいは上に向かって伸び肥厚している場合があります。また、まっすぐに伸びず、趾先から腹のほうへ丸くなって伸びてくるということもあります。

  2. 【施術】巻き爪ケア

    爪が横方向に巻いている状態で、寝たきりや車いす生活などで足裏に刺激が無くなってしまうと、爪が巻いてきてしまいます。

  3. 保護中: 【施術】肥厚爪(ひこうそう)のケア

    爪全体が厚く盛り上がっている状態で、長期間切らずに放置していると、爪の先端が湾曲してきて鉤爪のようになってきます。

◆訪問エリアのご案内

ナーシング訪問フットケア『Ayak』では、ご自宅及び介護施設様へ当社の看護師が直接訪問をさせていただいております。お気軽にご相談下さい。
●訪問可能エリア
東京都練馬区、板橋区、中野区、杉並区、西東京市近隣

※ただし、交通事情等により、上記のエリアのうち一部の地域はお断りすることもございますので予めご了承ください。

◆訪問フットケア担当看護師より

高齢者の皆様およびご家族、介護ご担当の皆様。
 ・足の爪が硬くなって爪が切れない
 ・巻き爪で靴が履けない、歩けない
 ・爪が皮膚に食い込んで痛い
 ・足裏の角質が割れて痛い、靴下が履けない

高齢者の皆様にとって、足や爪のトラブルは<転倒予防><感染予防><その他内科系疾患や身体的な異常>などの早期発見のシグナルになることがあります。

看護資格を持ち、長年、訪問診療・訪問看護の現場に携わり、メディカルフットケア研修を受けた現役看護師が、ご自宅や施設などに訪問してケアを行うことで、衛生的かつ医療従事者としての目から、そのシグナルに対応した処置や施術を行うことが可能です。

ページ上部へ戻る